オブジェクト(3D、2D)をUGUIより前に表示する

新規にCanvasを作成すると、デフォルトでRenderModeが「ScreenSpace-Overlay」になってます。
この場合カメラやオブジェクトの位置に関係なく、UGUIは常に手前に表示されます。

通常はこの設定を使うことが多いのですが、
UGUIより前にオブジェクトを表示したい場合には以下のようにします。


①CanvasのRenderModeを「ScreenSpace-Camera」にする。
②CanvasのRenderCameraに「カメラ」を設定する。
③オブジェクトが手前に表示されるように、CanvasのPlaneDistanceやオブジェクトの位置を調整する
※PlaneDistanceはカメラとCanvasの距離

オブジェクトをUGUIの前に

「ScreenSpace-Overlay」の場合は、UIが手前に表示されます。
「ScreenSpace-Camera」の場合は、カメラ→オブジェクト→UIの位置関係どおり
オブジェクトが手前に表示されます。

関連記事
[タグ] カメラ UGUI

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。