ドローコール削減のため、マテリアルを1つにしてテクスチャのUVを変更

今作っているAndroidアプリが、実機で動かすとあまりにもカクカクだったので
処理速度を向上させるために、ドローコール削減について調べました。

やりたいことは「複数オブジェクトにそれぞれのテクスチャを表示する」なんですが、

続きを読む

スポンサーサイト

UnityとC++ライブラリ間の値の受け渡し

Unity(C#)でライブラリ(C++)を使用したいときの簡単なプログラムを書きます。
やりたいことは以下のとおり
1.「Androidアプリ」から「ライブラリ(soファイル)」を呼び出す
2.「UnityEditor」から「ライブラリ(dllファイル)」を呼び出す

続きを読む

Unityのアニメータで1回だけアニメーションさせる

Unityのアニメーションはデフォルトでループします。
そうではなく、例えば入力があったときに1回だけアニメーションさせたい場合です。
アニメータを使う方法と、旧レガシーアニメーションを使う方法を書きます。

続きを読む

PlayerPrefsではなく、自前ファイルに入出力

アプリのデータを保存したいときは、PlayerPrefsを使うのが便利です。
特に意識しなくても、各プラットフォームに対応する場所にデータを保存してくれます。

ただし保存できる型は int, float, stringのみ。ファイルサイズにも制限があるようで、

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。